Black Brick Blog (BBB)では新商品の情報や、
日常の出来事、イベント情報などを発信しています。


2017.11.30

「新・〇〇」って惹かれますよね

連日のブログアップです。(正確に言うと書いてるのは一日おき)

 

先日BLACK BRICK のFB&本日のinstagramでもお伝えした通り…

 

販売準備がー整いました!

 

ツルギジャケット ニットバッカー 【Tsurugi Jacket KB】<Red> / Teton Bros.(ティートンブロス)

ツルギジャケット ニットバッカー 【Tsurugi Jacket KB】<Red> / Teton Bros.(ティートンブロス) ¥46,000

 

BLACK BRICK での展開は上のレッド、ネイビーブラックグレーの3色となっております。

 

 

ちなみに今年からファブリックが「新素材」に変更され、さらなる進化を遂げての登場

 

その「新素材」の名前は…

 

商品名にもなっている…

 

「Knit Backer(ニットバッカ―)」

 

です!

 

ハイコレ!

ツルギジャケット ニットバッカー 【Tsurugi Jacket KB】<Gray> / Teton Bros.(ティートンブロス)

「Knit Backer」 はPolartec社の研究開発チームと「Teton Bros.(ティートンブロス)」

2年の歳月をかけて共同で開発した「新素材」

 

Neoshell®の持つ軽量性と優れた透湿性に、しなやかさ&伸縮性が加わることで、

アイスクライマーにより適したプロダクトとしてアップデートされたって寸法です

 

もちろんアイスクライミングをしない人でも、その機能は十分に感じて頂けると思います!

 

 

せっかくなのでお店にある「Breath Jacket(ブレスジャケット)」のNeoshell®との違いを比べてみました~



左が「新素材」Kint Backer、右が通常のNeoshell®

 

Neoshell®は生地表面に格子状の模様が見えますが、Knit Backerには模様的なモノは見えませんね

 



見た目はソフトシェルっぽい印象を受けます

 

せっかくなので裏側も…



今度は左がNeoshellで、右がKnit Backerです

 

Neoshellは表からも見える格子の感じがあります。Knit Backerはやはりのっぺりした感じ。

 

触り心地もネオシェルがツルツル、サラサラなのに対して、

 

ニットバッカ―はしっとり?滑らか?

 

んーなんだか布っぽい感じがします(語彙が…)

 

「ニット」って付く位だから、なにか編んでるんでしょうか??

 

気になることは後でまとめて聞いてみましょう!

 

で、お次はストレッチ性



指2本だけでも伸びます(指は痛いです)

 

両手を使って引っ張ればもっと伸びます!

 

が、何分皆様と同じように腕が2本しかついていないので、

写真をとりながらだと中々ハードルが高い作業になります。

 

とまぁ、このようにパターンや縫製だけでなく素材自体の伸縮性も加わることで、

より動き易くなっているっちゅーわけです!

 

「アイスクライミング」なんて、聞いただけで色んな意味で寒くなるアクティビティは

「動き辛い」ということが大きな問題につながりかねないので、アイテムとしてより高みを目指した一つの結果が

「Knit Backer」という素材ってことなんでしょーねー

 

さぁさぁその「新素材」採用のアイテムを、しっかりと試着しないとね(モノがあるうちに)



パンツは同じくTeton Bros.さんの「Crag Pants」 (イチ押しパンツ)

 

まー我ながら見事な「棒立ち」

 



せっかく動き易い素材なんだから、もっと動きのある感じにすれば良かった

 

と、公開するくらい棒立ちです。

 

ちなみに179cm68kgでMサイズを着用(インナーはタンクトップとロンTee)

自分の体格だとLサイズだとウエスト回りが少しもたつくのでMサイズがジャスト

 

ついでといっちゃーなんですが、今すこぶる欲しい「Breath Jacket」も着てみました♪



安定の棒立ち…

 

 



別にやる気がないわけじゃーありません、

 

過不足なく映すための努力の結果です(多分)

 

ちなみに勘の良い方、商品を知ってる方などはお気づきカモしれませんが、

 

「Tsurugi (およびLite)」と「Breath」はサイズがワンサイズくらい違うのでお気を付けくださいませ~



どちらもMサイズですが全体的に「Breath Jacket」がスッキリした印象。

実際着てみるとかなり違います!「Tsurugi」はインサレーション等着るぐらいの余裕はありますが、

「Breath」はロンTee以上のボリュームは難しいサイズです。

 

用途が違うのでサイズスペック、仕様が違うのはもちろんですが、サイズ選びの参考にでもしていただければ幸いです。

 

 

ついでのついでにコイツも



クラッグパンツ 【Crag Pants】<Black>/ Teton Bros.(ティートンブロス)¥15,000

Mサイズを着用

 

クライミングパンツなのですが、普段履き~山~岩までカバーできるパンツです。

しかもこのクオリティでこのお値段…むふふふふ…買いでしょ!

 

 

あっ!「Breath Jacket」で思いだした!



先日開催したMMAさんのトランクショーでの一コマ

 

稲城市若葉台にあるWA! Hogrel GYM」とWhy not? COFFEE&FOOD」の偉い人

「ハットリ」氏

 

「Breath Jacket」を着ていたので写真を撮らせてもらいました!

 

 



同じアイテムを着ている筈なのに、「着こなしている感」が全く違うのはどーいうことでしょうか?

 

まだまだ精進が足りないってことですねー

 

 

さんざん脱線しましたが、実力派ブランドの「新素材」

いち早く試してみてはいかがでしょうか?

 

Teton Bros.商品一覧
BRANDS

2017.06.14

着てみて実感モノの良さ

梅雨はどこへやら!!

 

という勢いで晴れていたのも束の間。

 

あっという間に日が隠れて涼やかな気温になっております。(吉祥寺以外は知りません)

 

降らなきゃ降らないで良いのですが…降らないと困ることも沢山あるので~

 

降るんだったら、降ってよね!!と、

 

梅雨嫌いのワタクシですが、農作物の成長、水不足の回避、皆の平和と幸せの為に我慢します。

 

sacrifice(自己犠牲)というやつですね♪

 

とまぁ、そんな意味不明の前置きはさておいて

 

最近公私ともに着倒しているアイテムがございます。それがコチラ

ウィンドリバー フーディ―【Wind river hoody】<Black> / Teton Bros.(ティートンブロス)

Teton Bros.(ティートンブロス)さんのウィンドリバーフーディー【Wind river hoody】でございます。

 

BLACK BRICKのinstagramの方でもちょこっと紹介しましたが…結局買っちゃいました(笑)

 

「使える」って分かってたからね!!

 

本来の購入目的としては「ラン」~「夏山」~「夏キャンプ」とかなんとか考えていたのですが、

ただ今吉祥寺および都内周辺で大活躍です。

 

日中が半袖でも長袖でもOK!みたいな気温の日は朝晩がヒンヤリ、

特に夜は帰宅時にちょっと肌寒いかも…な-んて時があります

 

そんな時に(ちょうど今)にこのウィンドリバーフーディ―がかなり役に立っています!

 

なぜかと申しますと~

ウィンドリバー フーディ―【Wind river hoody】<Black> / Teton Bros.(ティートンブロス)

このPERTEX®(パーテックス)MICROLIGHT(マイクロライト)ちゃんがとてつもなく優秀。

 

もちろん素材自体は知っていましたし、

 

同じ素材を使ったウェアの試着なんかもしたことはありますがー(言い訳)

 

まさかここまでとは…。

 

アイテムとしてはランやバイク(自転車)etcでの防風性やトレッキングでの保温性を意識した軽量ジャケットで、

 

薄手・厚手のインナーレイヤーやミッドレイヤーもしくはフリースなんかと合わせて使えるかなり便利なアイテム。

 

しかし、街使いでここまで重宝するとは思ってもいませんでした!

 

PERTEX®シリーズの中でも「軽さ」と「伸縮」に優れているMICROLIGHTはナイロン100%素材ではありますが、

 

ホントにナイロン?と疑ってしまうくらい、さらっとドライタッチでストレッチの効く柔らかい素材

 

なので、半袖Teeシャツなどの上に着用し直接肌に触れても抜群に着心地が良い♪

 

むしろ肌に触れさせて着たい!と感じる程

 

 

ちなみに別ブランドさんの上BLACK BRICKでは取扱いがありませんが…



数年前に購入したOMMさんの「Sonic Smoc」(私物)

 

コチラは同じPERTEX®でも「Quantum(クオンタム)」という素材を採用した

超×3軽量ウィンドジャケッ※今は素材も変わり、フルジップタイプに変更

 

トレイルやUL系のトレッキングをされる方には馴染みのあるアイテムかと

 

ホントにビックリするくらい軽い(現行モデルも軽い)んですが

いわゆる「おいなりさん」状態、60gしかございません。

 

ちなみにウィンドリバーフーディーは、



100gと十分に軽いのですがソニックスモックが驚異的に軽いんですよ~

 

 

がしかし、軽量で防風性・保温性にすぐれた「Quantum」は



MICROLIGHTと比較すると、伸縮性と透湿性がやや落ちてしまいます。

 

形状もハーフジップのプルオーバーなので気温・天候・時期によっては絶望的にこもることもありましたし、脱ぎ着する時に引っ張り過ぎて少し破けました…。(まぁ全て自分が悪いのですが♪)

 

もちろん「Quantum」が素材として悪いのではなく、用途(高い効果を発揮するシチュエーション)の問題なのですが、MICROLIGHTがそれだけ汎用性の高い素材だと言う事なんでしょー

 

そんなこんなで、すっかりウィンドリバーフーディ―(MICROLIGHT)着心地にはまってしまいました♪

 

OMMの独自素材pointZEROを採用している「Sonic Jacket」もとても良い!ということなので気になるところですが、

とりあえず今年はこのウィンドリバーフーディ―を色んなフィールドで使いこんでみたいと思います~

 

追記



【先日の雨天時にて撮影】撥水もします

 

ウィンドリバーフーディ―(ブラック)の商品ページ

ウィンドリバーフーディ―(ウグイス)の商品ページ

ウィンドリバーフーディ―(ネイビー)の商品ページ

Teton Bros.の商品一覧

2017.06.07

1つあると便利です!2つあるともっと便利です!さて…3つでは??

不穏(ふおん)な天気の一日でしたが、小耳に挟んだ情報によると関東もめでたく梅雨入りしたとのこと。

 

これから1か月半(くらい)、ジメジメジトジトした天気が多くなるかと思うと…。

 

おなかが痛くなります。大体、梅雨時期はおなかの調子が悪いです。

 

なんか腐ったもんでも食ったんじゃーねーの???とか言われそうですが。

 

腐ったもんなんか食いません!!!

 

大体「腐ったもの」なんて口にしたら、反射で「オエェ」ってなるでしょ?(汚い話ですいません。)

 

と、汚く脱線してしまいましたが本題はここからです!

 

 

先日、コバヤシが「ハァハァ」言いながら紹介した新ブランド、「HUNGERKNOCK ORIGINALS(ハンガーノックオリジナルス)」



コレですね。

 

「人気~」とは聞いていたのですが…想像以上でした。一部を除き、online shop および店頭ともに完売でございます。

 

どこからともなく嗅ぎつけたハイエナ…お客様をハイエナと呼ぶのは相応しくないですね。

どこからともなく嗅ぎつけたクマちゃんのごとく、あっという間に奪っていきました(ちゃんとお代は頂いておりますが)

 

んがしかし、BLACK BRICKにはまだまだ魅力的なキャップ&ハットが揃っております!

 

せっかくなのでさささ~と紹介しておきましょう。

 

まずは、これ



カジュアルサイクルキャップの風雲児『velospica(ヴェロスピカ)』のサイクルキャップ!

 

素材使いとデザイン性に優れたアイテムをリリースしている「velospica」。商品もさることながら、デザイナーのKAWASHIMAさんもなかなかのパンチとフックの効いたキャラクターになっております。

 

もしイベントか何かで見かけたら「おぉーお久しぶりですー」と言ってみて下さい。

 

おそらく「お久しぶりですー」と返して来ます。そんな人です(笑)

 

さて次は、



サイクルアパレルの先駆者(パイオニア)『narifuri(ナリフリ)』のジェットキャップ!

 

自転車に乗っている人にも、乗らない人にも多くのファンがいる鉄板ブランド。オリジナリティ溢れるデザインは他の追随をゆるしません!

 

変な事かくと、消される可能性があるのでこれぐらいにしておきましょう。

 

そいでお次は、



新進気鋭のトレンドセッター『Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)』トラッカーハット

 

アートディレクターのSHIBUIさん、ブランドプロデューサーの”Eddie"NISHIOKAさん両名ともに「剛の者」という噂が巷で飛び交っています。(すいません一部の人たちです。)

 

うちに来たお客様も「やばいらしいっすよ、色々な山で伝説があって!」とお話していました。

 

まだまだいきます!



日本を代表するアウトドアブランド『Teton Bros.(ティートンブロス)』のネオシェルレインハット!

 

「機能」で言えばアウトドアブランドはちょいと別格ではありますが、その中でも対雨用に防水性を高めに高めたアイテムです。

 

透湿性に関して評価の高い「NEOSHELL®」使用ってもの要チェックポイントです。

 

ちょっと息切れしそうですが、さぁ次は



機能美と装飾美の融合を実現しているコレクションブランド『meanswhile(ミーンズワイル)』のBBキャップシリーズ。

 

デザインだけでなく、独自素材にも注目度が高い『meanswhiel』品切れしていた商品も少量ですが再入荷しました~

 

そして最後は…



新展開ブランド「HUNGERKNOCK ORIGINALS(ハンガーノックオリジナルス)」でございます!

 

んー自分で言うのもなんですが中々のラインナップですね~。

 

 

で、なぜここまで帽子押しをするかというと…

 

これからの時期のスタイリングは身に着けるアイテムが少なくなるので、(特に男性は)どうしてもバリエーションが偏りがち

 

そこにキャップやハットを取り入れることで、いつもの服装に変化を加えることが可能

 

また、走ったり・登ったりとアクティビティなことをする場合でも、日除け・日焼け・熱中症予防etcなどを考えれば帽子はマストアイテム。

 

そんな時でもせっかくなら、格好いいアイテムを被っておきたい!(っていて欲しい!)てなわけでございます。

 

1つあれば便利なアイテム。

2つあればもっと便利なアイテム。

3つあると…どうなるかは買ってからのお楽しみっ!

SEARCH

MAIL MAGAZINE

入荷情報やお得な情報を配信します。
希望の方はメールアドレスを入力ください。

» メールマガジンの登録

BRANDS