Black Brick Blog (BBB)では新商品の情報や、
日常の出来事、イベント情報などを発信しています。


2017.12.01

「meanswhile Pop – up Store at BLACK BRICK」開催



来週の12月9日(土)よりBLACK BRICKにて

 

『meanswhile Pop - up Store at BLACK BRICK]』を開催致します。

 

『meanswhile(ミーンズワイル)』の「身体に最も近い道具」というコンセプトを基にした、

 

オリジナルファブリックを使用し機能性を備えたリアルクローズは

 

独自の世界観を持ち日本国内にとどまらず、海外のからも高い注目を集めています。



(画像引用元:meanswhile official site

 

今回開催されるPop - up Storeは「meanswhile」の17AWコレクションを数多く見られる、

 

またと無い機会となっております。

 

イベント期間中に「meanswhile」の商品をお買上のお客様にはイベント限定ノベルティ、

 

または「meanswhile」オリジナルの圧縮パックをプレゼントさせて頂きます。



圧縮パックイメージ ※Teeシャツは付属しておりません。

 

さらに通常のコレクションにはない、イベント限定「スペシャルアイテム」

 

販売予定となっておりますので、Pop - up Store開催期間中には是非BLACK BRICKまでご来店下さい。

 

 

ノベルティおよび、イベント限定アイテムは配布・販売数量に限りがございますので、

 

無くなり次第終了とさせて頂きます。

 

 

Pop - up Store開催期間

12月9日(土)~12月17日(日)

営業時間

平日12:00~20:00

祝休日:11:00~19:00

 

問合先

BLACK BRICK

E-mail : info@black-brick.jp

Tel:0422-27-5056

 

meanswhile

E-mail : info@meanswhile.net

 

2017.11.29

デザインだけではないmeanswhile(ミーンズワイル)の魅力!

meanswhile(ミーンズワイル)の洋服の凄いところは、何も見た目だけではない。

洋服はどうしても見た目に囚われがちだが、
僕がとても感心するのは、毎シーズンmeanswhileから提案されるオリジナル生地に他ならない。
(ギミックなども十分凄いのだが・・・)

洋服に携わっている方なら、よくわかるかもしれないが、
生地から作るということが、どれほど大変なことか。

今シーズンも興味深い生地を使ったコレクションがたくさんあります。
その中から、今回はこちらのパンツ2型をご紹介します。



ビンテージライクな質感のオリジナル生地を使用した
Blackboard Cloth Sailor Pants



特殊なコーティングすることで、ヴィンテージっぽく着古したような、
白化したアタリが出るオリジナルナイロン生地です。
アイロンなどの熱を加えることで、白化が消えて、元に戻るというから驚きです。



腰脇にサイズ調節が容易なベルトが付いているので、ベルトいらずです。
内側に隠しポケットが付いています。
エプロンの様に前面を下して履いてもカッコいいですよ。

色は、

<Deep Sea>


<Forest>



 

それと、同形で生地違いも。

先ほど紹介したBlackboard Cloth Sailor Pantsは、
オールシーズン対応に対して、こちらは冬用の暖パンです。



ダブルフェイス(表地と裏地で異なる)のフリースを使用した
Double Fleece Sailor Pants



表面はスムースタッチ(耐摩耗性)、裏面にフリース(防寒性)の生地です。
触り心地もすっごくソフトで暖かい、これは病みつきになりそうです。



色は、


<Mid Night>


<Deep Sea>





ぜひ、meanswhileの使う生地にも注目してもらいたい。

 

12月には、meanswhile(ミーンズワイル)のコレクションを一堂に会したPOP UPも企画中。
続報を待て!!⇒イベント情報はこちら(2017/12/1更新)

 

meanswhile(ミーンズワイル)の商品一覧はこちら。

 

コバヤシ

 

 

2017.10.17

冬支度はじめませんか?

寒いです。

 

もー寒い日が続いております。

 

あと半月で11月に突入するわけで、寒くならないと異常気象ってなもんですが

 

どーにもこーにも寒いのが苦手です…

 

先日TVで「デイ・アフター・トゥモロー」(地球に氷河期がくるぜ!)

という映画がやっていましたが

 

 

あんな風になった日にゃ

「寒くて死ぬ」というよりも

「寒くなるというショックで死にそう」です

 

まぁね、四の五の言っても寒い日は来てしまうので

 

素敵な寒さ対策を考えよう!

 

ということで、本日はコチラのアイテムをご紹介♪

 

はい、これです。

ジャカードワッフル ハイネック 【Jacquard Waffle High - Necked】<Forest> / meanswhile (ミーンズワイル)

meanswhile(ミーンズワイル)さんの「ジャカードワッフル ハイネック」です。

 

「ワッフル編みのサーマルシャツをジャカード編みで再現した」という

 

一体なんのこっちゃ??という代物です(笑)

 

「ワッフル」、「サーマル」、「ジャカード」洋服にそれほど詳しくない人でも

聞いたことがあるような単語ですが、組み合わさることで謎の方程式に変化しました…

 

一般的に「ワッフル」や「サーマル」というと、

 

秋冬のインナーなどに使われる素材・アイテムの名称で

 

「ワッフル」生地の「サーマル」シャツなんて呼び方をします。

 

ちなみにワッフル生地のワッフルは、お菓子の「ワッフル」から名前をとっております。

ジャカードワッフル ハイネック 【Jacquard Waffle High - Necked】<Forest> / meanswhile (ミーンズワイル)

このように表面を凹凸にすることで、体に触れる面・触れない面をつくり

 

サラリとした着心地と、空気が入る層を産み出しています。

 

わざわざ空気が入る層を作っている理由は

溜まった空気が体温などで温まることで保温効果が高まる+肌と外気が直接触れるのを防いでくれます(肌と凹凸生地との摩擦で温度が上がりやすくなっている、とも言われています)

 

アウトドアブランドのインサレーションウェアに使われている、高機能化学繊維のような役割を生地全体で果たしていうことです。

 

「中に空気の溜まる空洞がある繊維」なーんてものが開発される以前に発明された、先人の知恵というわけですね~

 

で、一方のジャカード編みは

 

ニット類で柄を表現するの使われる編みの手法で、平面的な柄だけでなく凹凸感のある絵柄や図柄を表現する編み方になっています(たしかジャカードって編みも織りもどっちもあったよな~)

 

えーこれ以上深く踏み込むと難しくなる(正直面倒な)ので話をもどします。

 

 

はい!この「ジャカードワッフル ハイネック」

ジャカードワッフル ハイネック 【Jacquard Waffle High - Necked】<Forest> / meanswhile (ミーンズワイル)

見た目以上に手の込んだ素材を使っているということです!(雑)

 

 

で、機能も重要ですがやはり大事なのは来た時の見た目



久々の自撮り。ライトで色が飛びすぎですね

 

ボリュームのある素材なので、結構な存在感があります

 

特にこの



ハイネック部のリブ素材が良い感じです

 

せっかくなのでもう一枚



うーん…元々低かった自撮りレベルがさらに下がっている気がする…

 

 



online shopのトップ画像でも使用している組み合わせで撮影

 

シャツは同じくmeanswhileさんのパッカブルフランネルシャツ

パンツはDEEPER'S WEARさんのファストパス チノ

 

カメラの画面に集中しすぎて、かなりボンヤリした立ち姿(棒立ち)になりました

 



せっかくなのでホワイト

 

程よいサイズ感ボリューム感、シルエットも少しゆったり目のアイテムなので、インナー的な使い方ではなく「ニット」としてスタリングに取り入れると色々使えそうです

 

機能的で保温性の高いインナーと合わせたりすれば、保温+保温になるのできっと冬の寒さも乗り切れるはず!だ

 

普通のニットやサーマルではない新しいアイテムを探している方には是非試して頂きたいアイテムです

 

meanswhileの商品一覧

 

SEARCH

MAIL MAGAZINE

入荷情報やお得な情報を配信します。
希望の方はメールアドレスを入力ください。

» メールマガジンの登録

BRANDS