Black Brick Blog (BBB)では新商品の情報や、
日常の出来事、イベント情報などを発信しています。




ついに届きました!!

『Re:born 1st Anniversary BLACK BRICK』でも大変好評だった

velo spica(ヴェロスピカ)話題の新作『Pig Snout Camp Caps』。



アウトドアな雰囲気だけではなく、機能性も申し分なし。フロント、ツバの生地は、60/40クロスを使用しており、サイド、バックは通気性抜群なメッシュを使用しています。

フロントパネルに配されたPig Snout(ブタ鼻)のホールはよく見ると、velo spica の” VS”になっているんです。

バイク・ハイク・キャンプ・ランニングなどのアクティビティにもオススメなキャップです。

ぜひ、これからの暑い夏に向けて、如何でしょうか!?

カラーは全4色。

<Blue>

<Khaki>

<Green>

<Black>

 

初回の入荷数はかなり少ないので、お早めに!!

※サイクルキャップ本来のフィッティングに近づける為、敢えて今までのvelo spicaのキャップより若干浅めの作りになっています。

サイズ: 55〜64cm (フリーサイズ)

価格 ¥5,400(税抜)

 

velo spica(ヴェロスピカ)の商品一覧はこちら。

 

 

新着情報は、BLACK BRICK SNS各種で更新させていただきます。

是非、フォローくださいませ。

Facebook @blackbrick5056

Instagram @blackbrick_official
朝には無かった虫刺されが痒くてたまらないコヤノです。

 

先日入荷した『RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)』さんの完全新作バッグ

 

「Dinky(ディンキー)」

商品画像プレビュー

煽っといて&これから煽るのになんですが…

 

いかんせん数が少ないので(実話)

 

先行予約できなかった方…お早めに

 

「Bike'n Hike Bag Black Heather edition」

商品画像プレビュー

同じく少量ですので言わずもがなです。

 

恐らくonline 分、店頭分すぐなくなってしまうだろう!という予想なので



少し多めにイメージショットを撮っておきましょう

 

 



明日の昼間もなんか撮ろうかね~

 

んで「Bambi(バンビ)」以来の新作となるので、やはり「Dinky」の注目度は高め

商品画像プレビュー

今までの「RawLow」さんのザックとは、異なるアプローチのアイテムでもあります

 

「Liteskin」の中でも「LS07」という「70デニール生地の裏打ち」がされた

 

薄く・軽く・しなやかく(??)な素材を使用

 

確か、同素材で「山〇道」さんがフレームバッグ作ってた気が

 

ただ、うすかるしなやかバッグ(UKSB)の困った点として

 

UK過ぎて背負い辛い~というケースがあります。

 

というのも、使われているファブリックが柔らか過ぎて

 

重たい荷物を入れるとバランスが崩れたり、重さに耐えきれず本体が凄く引っ張られたりします。

 

いかにパッキングを上手に~と頑張っても、単体である一定以上の重さの物をいれると…

 

ちょっと残念な気持ちになります

 

上記のような理由もあり、薄くて軽くてハリのある「X-Pac」が安定性が確保しやすいこともあり

 

信頼が高く、人気なわけですね

 

たーだ!!

 

この「Dinky」ちゃんも負けじと良い安定感



この天蓋とフロントポケットの間にしっかり堅めの芯をいれることで、

 

なんとまぁ



UKSBなのに自立するほどの安定感♪

 

自立することが、全体の安定性と関係あるのかどうか分かりませんが

 

堅くて重たいモノ(一眼レフのカメラとボトル)を入れて背負ってみましたが、良い安定感でした!

 

次の入荷がいつになるか未定なので、気になっていた方はこのタイミングを逃す手はないはず!

 

「Dinky」の商品ページ

「Bike'n Hike Bag LS42 Black Heather Edition」の商品ページ

 

 
珍しく2日連続のブログUPコヤノです。

 

あまりにも珍しすぎて、明日の天候が心配になるところ

 

天気予報では一応「晴れ」、雲が広がるとかなんとか書いてありましたが

 

その辺の判断は各自にお任せします~

 

さて、5月ともなる週末は各地でイベントがモリモリ開催されており

 

野外フェスも本格に本格的に始まるシーズンに突入

 

んで、5月の野外フェスというと

 

個人的には毎年山梨県の道志村キャンプ場で開催される「Natural High!」が真っ先に思い浮かびます

 

自然の中(?)で、大音量の音楽を聴くと

 

人間の野生というか、原始的なモノを刺激される感じがしますね

(大きな火を囲んでグルグル回る的なね)

 

まぁ「Natural High!」自体には最近行けてないんですけど…instagramと人の話を聞くばっかり

 

で~道志村と言えば、5月13日には第10回道志村トレイルレースが開催されます

 

出場される方はガンバって下さい♪

 

その昔、道志山塊縦走した時のぼんやりとした記憶ですが

 

御正体山の頂上の素っ気なさに少し悲しくなったことを思い出しますね~

 

「えっ?ここ頂上?」って2,3回聞いた気がします

 

さぁさぁ、そんな思い出は置いといて…今日の本題はここから!

 

走ったり、登ったあとは疲れた足を労わらなくてはなりませんよね??(棒読み)

 

アクティビティを「する時」だけでなく、「する前後」にも気を遣ってみるのが

 

スマートなオトナってやつでさぁ~(投げやり)

 

その気遣いに最適なのがー、今年注目度が高くなっている「リカバリーサンダル」

 

BLACK BRICKにもありますよ「リカバリー」なやつが!



左『HOKA ONEONE(ホカオネオネ)』オラ リカバリースライド <BWHT> ¥8,000(税別)

右『HOKA ONEONE(ホカオネオネ)』オラ リカバリーフリップ <BWHT> ¥8,000(税別)

 

特徴的なボリュームのあるソールと、軽量で柔らかい履き心地が魅力の「HOKA ONEONE」

 

鼻緒のようになっているトングタイプ「フリップ」と、甲全体を覆う「スライド」の2型

 

取り扱いカラーは「フリップ」が



ブラック×ホワイト

 



オールブラック

 



イエロー×ブルー×ブラック(ソール)の3色

 

「スライド」が



ブラック×ホワイト

 



オールブラックの2色となっております

 

横からみると



こんな感じ

 

同じく「スライド」も



かなりボリュームのあるソール

 

その形状も特徴的で、フラットなソールではなく中足部から前足部にかけてソールが薄く設計

 

プラス

 

アーチ(土踏まず)部分をしっかりと支えるフッドベッドにすることで

 

快適な履き心地で正しい姿勢を保ち、足運びをサポートしてくれるアイテムになっています

 

機能的な面だけでなくー

 

有名ファッションブランド「エンジニアードガーメン〇」さんとのコラボにより

 

ファッション・ライフスタイルブランドとしても注目が集まっておりますので

 

気になっている方は是非どうぞ

 

ちなみにサイズ選びのコツとしては、

 

ハーフサイズの展開がないので、普段スニーカーなどを緩めに履いている方はワンサイズダウン

 

ちょうど良いサイズ感で履かれている方は同サイズ

 

ソックスの厚さなども加味する必要性がありますが~

 

おおよそ問題ないかと思われ!!

 

HOKA ONEONE の商品一覧はコチラ

 

 

SEARCH

MAIL MAGAZINE

入荷情報やお得な情報を配信します。
希望の方はメールアドレスを入力ください。

» メールマガジンの登録

BRANDS